ボストンクラブ 細川朋子 インタビュー

_mg_8832

細川朋子氏 / ボストンクラブ デザイナー
福井県鯖江市生まれ。眼鏡のパーツの会社に勤務するご家族をもち、服飾造形を学んだ後、1997年ボストンクラブに入社。ガンとライン「MUGUET」のデザインを立ち上げたデザイナーの細川氏にモノづくりのこと、鯖江についてのお話を聞かせていただきました。

ーーーーはじめにボストンクラブさんの事業内容を教えてください。

メガネのデザイン企画・生産・卸・販売を行っています

ーーーーその中でも得意とするものはなんですか?

デザインと企画、少しずつイメージ作りや設計も勉強しています

ーーーー細川さんが今のお仕事に就かれたきっかけはなんですか?

学生のころ女子用で可愛いメガネが全然なく、メガネ=暗いとか地味だとかマイナスなイメージしかなかったですよね

ーーーーボストンクラブ製品の「一番の魅力」を教えて下さい。

100%メイドイン鯖江であることです。アフター・メンテナンスの安心感を思うと、100%メイドイン鯖江であることは大きな魅力です

ーーーー今の職業で感じる ”一番の喜び” はなんですか?

ユーザーの求めているものを提供できることです

ーーーー今後の夢・目標・チャレンジしたいことなどをひとつ教えてください!

一目置かれる、困ったときのボストンクラブとなること!です

ではここからは鯖江についてお伺いします。

ーーーー鯖江の良いところを教えて下さい。

鯖江ラブなので、人間・環境・微妙なところもすべて良いと思います

ーーーーでは、鯖江の微妙なところも教えて下さい(笑)

時間の流れがゆったりなので、納期だけは心配です、、、

ーーーー鯖江のおすすめを教えてください!

西山公園がおすすめです。散歩するもよし、デートするもよしの有名な公園ですが、夕方山頂から眺める夕日は格別です。暖かい季節はぜひビール片手に眺めに行ってほしいな。あとは、数ある秋吉(やきとり)の中でも鯖江駅裏の秋吉が一番おいしいんです。

ーーーー鯖江人だけがわかる「鯖江あるある」ってなんですか?

できあがった時が納期(笑)

ーーーー鯖江にあったらいいなと思う施設はなんですか?

「ビアガーデン」

ーーーーたくさんお話を聞かせていただいてありがとうございました。では最後に、細川さんとって今の職業を「漢字一文字」してく表すとしたらどんな漢字か教えて下さい!

「人(ひと)」

ーーーーありがとうございました。

株式会社 ボストンクラブ
眼鏡フレームの国内生産が90%以上を占める鯖江で、1984年会社設立された、福井の人気メガネメーカー。正当なものづくりを基本に、日本らしく高品質で機能的な眼鏡づくりに取り組み、オリジナルブランド、ジャポニズムやBCPC(ベセペセ)といった人気モデルを抱え、2002年直営店GLOSS AOYAMA、2009年に銀座に直営店GLOSSをオープンし、2013年オリジナルブランドBOSTON CLUBスタート。京都精華大学と連携し、日本の大学では初の試みとなるメガネデザインの授業にも取組まれています。

http://www.bostonclub.co.jp/