『コトモノミチat TOKYO』 モノづくりの町、墨田区押上にてオープン

墨田区 新モノづくり拠点オープン

有限会社セメントプロデュースデザイン(本社:大阪市西区京町堀、代表取締役:金谷 勉) は、日本各地の技術を培ってきた町工場・職人の発展と継続の次のカタチを創出するための“新しいショップ”として、『コトモノミチat TOKYO』 を2019 年5 ⽉17 ⽇(⾦)に墨⽥区押上にグランドオープンします。

全国の町工場や工芸の職人たちと出会い、産地やモノづくりについて伺う中で、後継者不足や技術革新などの悩みや課題を抱えている現状を知りました。
技術を結集し、モノづくりを行う中で1社単独では解決できないことも多く、 今後は、工場同士の強固な関係と新たなモノづくりのカタチが問われていると感じます。
町工場や工芸の職人達との悩みをデザインで改善出来ないか一緒に考えて一緒に作ったコト、モノを伝えていくミチを模索していく、そんな場所を作ります。

コンセプトは、「デザインと製造業のキチンとした関係作り」
職人と一緒に考える場として。
一緒に考えたものをつくる場として。
出来上がったコトやモノを伝える場として。

これからの日本のモノづくりのために 「コトモノミチ at TOKYO」は、墨田区にオープンします。

 


コトモノミチ at TOKYO とは

「コトモノミチ at TOKYO」は、セメントプロデュースデザインが、日本各地の悩んでいる町工場や工芸の職人たちと共に考えて、つくったコトやモノを伝えていく場所です。
セレクトショップでもなく、ライフスタイルを提案するお店でもなく、
産地や技術を超えた、職人たちが交わる場所として。
産地や技術を皆さんと学び、つながる場所として。
子供たちの子供たちへとつないでいける、産地と職人とデザインの関係を、皆さんと共に考えて、つくっていきたいと思っています。

> コトモノミチについて
> 運営会社(セメントプロデュースデザイン)について