ワークショップレポート つまみ細工ヘアアクセサリー

江戸時代から続く伝統工芸、つまみ細工でヘヤアクセサリーを作る。

 

先日5月27日に、coto mono michi at TOKYO 墨田区押上本店で開催された

つまみ細工ヘアアクセサリーのワークショップの様子をご紹介致します。


 

今回開催したワークショップは

「つまみ細工でアクセサリーを作る」という内容。

 

つまみかんざしは、ちりめん細工を用いてた伝統的な髪飾りとして、

その技法が江戸時代から伝わります。

 

 

”つまみ細工を日常に”をコンセプトにされている

「つまみかんざし彩野」の藤井さんと一番弟子の安部さんをお呼びし、

ご用意してくださった色とりどりのちりめん素材とでんぷんのりを用いて、

つまみ細工づくりを開始致しました。

 

 

まずは、見本を見ながら、

製作したいお好きな色合いのちりめん素材を選んでいただくところから始まります。

講師の安部さんから、

ピンセットでつまむやり方やでんぷんのりを付けるタイミング等を

説明頂きいざスタート。

 

 

今まで商品として見ていたものを、

ご自身が作るとなると、「難しいかなぁ」と話されていた皆さんも

徐々に作る楽しさを感じ始めてきた様子でした。

皆さん、それぞれ違う色合いの為、同じ花を製作しても

1つ1つ違う個性ある素敵な花が出来上がりました。

でんぷんのりが乾く間には、藤井さんと安部さんから

つまみ細工の歴史や今後の展開を説明して頂きました。

 

 

最後は乾燥したつまみ細工をご自宅にて、ヘヤピンかヘヤゴムにしていただいて完成となります。

 

 

ご参加いただいた皆様からは

「初めてだったけど、先生が丁寧に教えて頂き可愛く作れました!」

「つまみかんざしのルーツやお話も聞けて楽しかった♩」

との、お声を頂きました。

 

 

ご参加下さった皆様、ご協力頂いた

「つまみかんざし彩野」藤井様、安部様、誠にありがとうございました。

 

 

▼次回のお知らせ▼

 

 

 

 

次回は、自分だけのオリジナルMY珠数をつくります。

皆さん、こちらのワークショップにもぜひご参加くださいませ♪

イベントページは【こちら】です。