凝縮された職人技

IMG_2416

世界で通用する日本の良さと、新しい価値として再認識していただくための取り組み

「新宿伊勢丹・JAPAN SENSES」が始まりました。

 

coto mono michi at ISETANでは、
愛知県瀬戸市の原型職人と共同開発したプロダクト、
Trace Faceをピックアップしております。

 

1点1点、全行程を人の手で作られているTrace Face。原型職人が緻密な手彫りで挑戦したニット柄模様の陶磁器シリーズです。

 

通常、陶磁器の装飾は「染付・上絵」といい、
プレーンな陶磁器に模様を描く技法を用いますが、
Trace Faceは、描くのではなく模様を陶磁器自体に彫り込むという、

陶磁器の新たな可能性に挑戦をしたプロダクトです。

 

手編み、ならぬ手彫りのニット柄。
質感にこだわり、あえて外側には釉薬を塗らずに仕上げ、ニット柄の繊細で温かみのある表情を際立たせています。

 

手におとりいただくことで、
精密な技を実感していただけます。

 

 

IMG_2416