新商品 鳴き徳利 販売中!

伝統的酒器の奏でに酔いしれる

お酒好き女子には必須アイテム!?

皆さんは鳴き徳利をご存知でしょうか?
実は江戸時代から存在していた伝統的酒器なんです。しかし現代ではあまり見られなくなりました。
なぜ鳴き徳利という名前なのかというと、お酒を注ぐ際にピヨピヨーッと鳥のさえずりのような音が鳴るからです。
鳴き徳利の内部の特殊構造によって、空気の出入りが起きることにより音が発生します。

今までの鳴き徳利は男性が使うようなものが多かったですが、岐阜県土岐市の窯元との協力により、水彩風のデザインで仕上げ女子の心をくすぐる鳴き徳利が完成いたしました。セットではお猪口が2個付いてきます。徳利、お猪口とそれぞれ単品でもご購入も可能です。

鳴き徳利でお酒を飲むとついついお酒が進みそうなほど、目・耳・口で楽しめるアイテムです。


【鳴き徳利】
商品名:鳴き徳利
デザイン:3種(パステルグリーン・パステルレッド・ビビットブルー)
生産国: 日本 岐阜県土岐市

 

> 鳴き徳利購入ページ


コトモノミチ at TOKYO とは

地場産業の継続・発展を目指し、産地をまるごと伝える場所「産地ゴト Gallery」です。ここでは定期的に「産地ゴト展」を開催することで、産地とここを訪れる人を繋げ、作り手の思いを紡いでいきます。そのなかで、東京の中心にありながらも、期間限定の”魅惑の産地”へと七変化し続け、産地の職人たちの窓口として、産地をまるごと伝える「産地ゴト展」を開催しています。私たちをとりまく衣食住の環境には、まだまだ知られていない逸品や、伝えられていない職人さんたちの技術が、たくさん眠っています。私たちは産地のコンシェルジュとして、それらを生み出す「産地」。ここに「訪れる人々」を繋げ、地場産業の継続、発展を目的とし、思いを紡いでいきます。土地と人、次の時代へと繋ぐデザイン、そして作り手の想いと技を体感できる「産地ゴト展」に訪れてみませんか?

> コトモノミチについて
> 運営会社(セメントプロデュースデザイン)について