小さな自分のお庭 匣庭-益子焼ver.-

匣庭シリーズ 第二弾 今回は益子焼

 
益子焼ver..新登場!
手のひらサイズの庭「匣庭 -益子焼ver.-」が発売されました。
益子焼最大の窯元「つかもと」との協業商品です。益子焼伝統釉薬で益子焼独特の色合いに仕上げており、家の中に置いてもマッチするマットな質感と素朴な味わいは、多肉植物やサボテンとの相性も抜群です。
底に穴も空いているので、根腐れの心配もありません。
職人さんが手作りでひとつひとつ丁寧に仕上げた鉢です。


【 匣庭-益子焼ver.- 】
ブランド:匣庭
商品名:匣庭-益子焼ver.-
デザイン:5種(飴釉、呉須釉、益子青磁釉、糠白釉、灰釉)
サイズ:鉢 直径約85mm × 高さ約20mm 受け皿:直径約95mm × 高さ約20mm
重さ:約125 g
生産国:日本 栃木県益子市
製造元:つかもと

 

> 匣庭-益子焼ver.-購入ページ


コトモノミチ at TOKYO とは

地場産業の継続・発展を目指し、産地をまるごと伝える場所「産地ゴト Gallery」です。ここでは定期的に「産地ゴト展」を開催することで、産地とここを訪れる人を繋げ、作り手の思いを紡いでいきます。そのなかで、東京の中心にありながらも、期間限定の”魅惑の産地”へと七変化し続け、産地の職人たちの窓口として、産地をまるごと伝える「産地ゴト展」を開催しています。私たちをとりまく衣食住の環境には、まだまだ知られていない逸品や、伝えられていない職人さんたちの技術が、たくさん眠っています。私たちは産地のコンシェルジュとして、それらを生み出す「産地」。ここに「訪れる人々」を繋げ、地場産業の継続、発展を目的とし、思いを紡いでいきます。土地と人、次の時代へと繋ぐデザイン、そして作り手の想いと技を体感できる「産地ゴト展」に訪れてみませんか?

> コトモノミチについて
> 運営会社(セメントプロデュースデザイン)について