「~装い、香るアロマピンズで~ 世界にたった一つ、オリジナルアロマづくり」レポート  

世界にたった一つ、オリジナルアロマづくり


2019/12/22(日)押上コトモノミチで、自分だけのオリジナルアロマづくりのワークショップを開催致しました。

この度、講師としてお越しいただきましたた
株式会社バルカフィオーレ・小林敬子様

 

 

小林様がアロマオイルの会社を立ち上げられたきっかけが
匂いでご自身の身体の不調を助けられたからとの事です。

ご自身の経験を活かして、その人それぞれの心身の不調向上に少しでも手助けとなれるよう会社を営んでいます。

 

会場となったコトモノミチでは、抽出しているラベンダーの香りが立ち込めました。

約30種類の精油の中から、ベースとなる匂いを決め、その後に数種類の精油を調香していきます。

人により、合う匂い合わない匂いがあります。
それは人間のバイオリズムやタイプによって、分類されるそうです。

セメントプロデュースデザインの製品「装い、香るアロマピンズ」ALMAに合わせて、香りの説明、揮発具合、装着した場所により心地よく香るゴールデンゾーンなどを説明していただけました。

 

参加された方からは

「今年は、気持ちが落ち込む事が多かったけど、自分で作ったアロマオイルで気分を前向きにできそうです!」

「バームもセットで、今年の冬を乗り切れそう!」

などのお声を頂きました。

日本ではアロマ作りワークショップも画一的な企画が多い中で、
その人だけの体調に合わせて、匂いでなりたい自分になれるように、
ご自身の経験から完全オリジナルのアロマオイル作りを行われる先生です。

 

小林様の今後のご活躍にも注目ください!

コトモノミチでは今後も、先生をお招きし、
オリジナルアロマオイルづくりワークショップを不定期ながら開催していきます。

今後とも、コトモノミチでの活動をご愛顧くださいませ。

次回のコトモノミチワークショップはこちらです。