ワークショップレポート/銀の端材で作る和柄の指輪

 

 

coto mono michi at TOKYO 青山本店で開催された、
鏨(たがね)職人の塩澤政子さんをお呼びし、
端材を用いてシルバーの指輪をつくるワークショップの様子をご紹介します。

 

イベント詳細

 

 

 

塩澤製作所の二代目、塩澤政子さんと作る銀の指輪

 

manager_ginhazai_1

 

今回教えて下さったのは、寺社仏閣や神輿の錺金具
(鋼鉄製の鏨を叩き、金属に文様を刻んでいく手法)を施す、
塩澤製作所の二代目、塩澤政子さん。
塩澤製作所は、あの三社祭のお神輿や、お父様は浅草寺の錺金具まで手がけられた、
70年以上の歴史がある金具ファクトリーです。
二代目である塩澤政子さんは、
歴史ある技術を後世に残すため、その伝統的な手法を生かし、
現代のマーケットでも楽しんで使ってもらえるものづくりを
提案していらっしゃいます。

 

カット〜曲げ〜磨き

 

manager_ginhazai_13 manager_ginhazai_2 manager_ginhazai_3

 

この日のために、実際に使われた鏨の端材をご用意頂き、指にあわせてカットするところから、曲げ、磨きの工程まで参加者皆さんに挑戦して頂きました。

 

「磨き」の作業は一見単純なようで、思いのほか大変な工程。刃の角度や、当て方、刃の引き方で「磨き」の精度が大きく変わってきてしまいます。「磨き」ひとつとっても長年培った塩澤さんの職人技が際立っていて、ただただ感心してしまいました。

 

manager_ginhazai_4 manager_ginhazai_5 manager_ginhazai_6

 

最初は苦労されていた皆さんも、塩澤さんの熱心なご指導のおかげで少しずつスムーズに出来るように。当初かけていたやすりの音と、慣れて来た後の音の違いに驚かれていた方もいらっしゃいました。

 

manager_ginhazai_7 manager_ginhazai_8

 

最初は苦労されていた皆さんも、塩澤さんの熱心なご指導のおかげで少しずつスムーズに出来るように。当初かけていたやすりの音と、慣れて来た後の音の違いに驚かれていた方もいらっしゃいました。最後は金ブラシで丁寧に仕上げていき、皆さんで記念撮影☆参加して頂いた皆さん、お楽しみ頂けましたでしょうか。

 

manager_ginhazai_10manager_ginhazai_11 manager_ginhazai_12

 

世界にひとつだけの、オリジナルの指輪。大事にしてくださいね。

 

> 塩澤製作所

 

 

▼ 次回のお知らせ ▼

 

800_450

 

次回は、消しゴムハンコを使ったオリジナルのエコバッグを作ります。

皆さんこちらのワークショップにもぜひご参加くださいませ♩

イベントページは【こちら】です。

 

▼ 過去のワークショップ ▼

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA