「次世代へつなぐモノづくり展」Next Crafts Generation -Kanto Eleven Project-

nextcraftgeneration_web_fin_ol

産地をまるごと伝えるギフトショップの コトモノミチ at TOKYO 青山本店にて、
関東11 都県から集結!伝統と技で魅せる、日本の職人が仕掛ける
「次世代へつなぐモノづくり展」Next Crafts Generation -Kanto Eleven Project を開催します。


「次世代へつなぐモノづくり展」Next Crafts Generation -Kanto Eleven Project

セメントプロデュースデザインが手がけるコトモノミチ at TOKYOでは、2017年3月9日(木)~3月21日(火)の期間、
「次世代へつなぐモノづくり展」Next Crafts Generation -Kanto Eleven Project-(ネクスト クラフツ ジェネレーション カントウ イレブン プロジェクト)を開催いたします。

昨年8 月にスタートした、関東経済産業局とセメントプロデュースデザインとのプロジェクト
「Next Crafts Generation -Kanto Eleven Project-」。

関東11 都県からさまざまなジャンルで活動する次世代を担う職人たちが集まり、それぞれの土地に根づくモノづくりの現在(いま)を振り返り、次のモノづくりを目指しています。
今回のこの企画展では、それぞれの産地、そこでモノづくりをする職人、そしてそこで生まれたモノに焦点を当ててご紹介いたします。
会場では、職人の技術を体験できる、ワークショップも開催します。
産地の歴史と現在(いま)を知り、これから生み出される新たなモノづくりにご期待ください。

<開催概要>
「次世代へつなぐモノづくり展」Next Crafts Generation -Kanto Eleven Project-
日程:2017年3月9日(木) ~ 3月21日(火)
時間:11:00~19:00(※最終日は17:00 CLOSE)
会場:coto mono michi at TOKYO(コト・モノ・ミチ)
107-0062 東京都港区南青山5-2-16 青山フレックスA
TEL:03-6427-6648
> アクセスマップ・営業日カレンダー

<出展協力>
Keicondo / 星野工業株式会社 / 有限会社井清織物  / 錫光 / つまみかんざし彩野 / 株式会社江戸切子の店華硝  / もくのすけ / 有限会社フォルツニット / 有限会社小瀬木木工所 / 詫間宝石彫刻 / 株式会社ピアックス
<共催>関東経済産業局


商品のご紹介(一部)

kanto

 


ワークショップ① 3/11(土)「つまみ細工の桜の花づくり」

tumamizaiku_workshop
つまみ細工の技術を使って桜の花をお作りいただけます。
後日、完全にでんぷん糊が乾いたら、ご自宅で金具を取り付けていただき、オリジナルのアクセサリーにしていただけます。
金具は、ヘアゴムやヘアピンなどのヘアアクセサリーや帯留めからお選びいただけます。
小学校高学年くらいから体験可能です。

【開催概要】
日程 : 3月11日(土)
時間 : 【満員御礼!】11:30~ / 13:30~(残席1名) /   【満員御礼!】15:00~ /  【満員御礼!】16:30~ 全4回
参加費 : 2,000円(材料費込)
定員 : 5名(各回)
所要時間 : 約60分
講師 : つまみかんざし彩野・藤井彩野氏


ワークショップ② 3/18(土)「錫の豆皿(おてしょ皿)づくり」

otesyosara_workshop※こちらのイベントは、只今いずれの回も満席でございます。この先は「キャンセル待ち」となりますので、何とぞご了承くださいませ。

「おてしょ皿」とは直径6〜10cmの小皿のこと。味見などに使うので料理人さんも良く使う愛称です。
錫で10cmくらいの豆皿(おてしょ皿)を作ることができます。
鋳込み(溶かした金属を鋳型に流し入れて鋳物を製作する方法) 、柄入れなどを体験していただけます。

【開催概要】
日程 : 3月18日(土)
時間 : 【満員御礼!】13:00~ / 【満員御礼!】15:00~ 全2回
参加費 : 4,800円(材料費込)
定員 : 4名(各回)
所要時間 : 約90分
講師 :錫光・中村圭一氏



コトモノミチ at TOKYO とは

地場産業の継続・発展を目指し、産地をまるごと伝える場所「産地ゴト Gallery」です。ここでは定期的に「産地ゴト展」を開催することで、産地とここを訪れる人を繋げ、作り手の思いを紡いでいきます。そのなかで、東京の中心にありながらも、期間限定の”魅惑の産地”へと七変化し続け、産地の職人たちの窓口として、産地をまるごと伝える「産地ゴト展」を開催しています。私たちをとりまく衣食住の環境には、まだまだ知られていない逸品や、伝えられていない職人さんたちの技術が、たくさん眠っています。私たちは産地のコンシェルジュとして、それらを生み出す「産地」。ここに「訪れる人々」を繋げ、地場産業の継続、発展を目的とし、思いを紡いでいきます。土地と人、次の時代へと繋ぐデザイン、そして作り手の想いと技を体感できる「産地ゴト展」に訪れてみませんか?

> コトモノミチについて
> 運営会社(セメントプロデュースデザイン)について