「はじめて出会う 一生ものの漆器」 産地ゴト展 vol.06 “会津”

aizu_fb-a

産地をまるごと伝えるギフトショップの コトモノミチ at TOKYO 青山本店にて、
400年の歴史が誇る、テマヒマをかけた匠の技!
使い込むほど美しくなる漆器「はじめて出会う 一生ものの漆器」展
– 産地ゴト展 vol.06 “会津” – を開催します。

「はじめて出会う 一生ものの漆器」展
産地ゴト展 vol.06 “会津”

セメントプロデュースデザインが手がけるコトモノミチ at TOKYOでは、産地ゴト展 第6弾「産地ゴト展 vol.06 “会津”」を開催いたします。
第6弾の舞台、福島県会津若松市は、美しい四季の風景の中に歴史や伝統を色濃く残す街です。数ある伝統工芸品の中でも会津漆器は特に有名で、歴史的には輪島塗や津軽塗よりも早くから盛んになったと言われています。今回の産地ゴト展は、この「会津漆器」を通して、産地 会津の魅力をみなさんにお届けします。漆器には上質なイメージがあるものの、敷居が高く、なかなか手が出せない…という方も少なくないのでは?実は漆器は普段から使ってあげながら、ある程度湿度を与え続けることが長持ちさせる秘訣。普段使いして、修理を施しながら一生使うことさえできる器です。そんな漆器の強みを活かし、現代の感性を加えて会津漆器作りに励む今回の参加者。思わず生活に取り入れたくなる器ばかりです。手入れの仕方や修理についてご相談できるワークショップも予定しております。
コトモノミチで出会う、はじめて手にする一生ものの漆器。産地ゴト展 会津でぜひ見つけてみてください。

<開催概要>
「はじめて出会う 一生ものの漆器」展 – 産地ゴト展 vol.06 “会津” –
日程:2016年8月18日(木) ~ 8月30日(火)(※水曜日定休)
時間:11:00~20:00(※最終日は17:00 CLOSE)
会場:coto mono michi at TOKYO(コト・モノ・ミチ)
107-0062 東京都港区南青山5-2-16 青山フレックスA
TEL:03-6427-6648
> アクセスマップ
> 営業日カレンダー

<出展協力>
> 遠藤正商店
> 関美工堂


コトモノミチ at TOKYO とは

地場産業の継続・発展を目指し、産地をまるごと伝える場所「産地ゴト Gallery」です。ここでは定期的に「産地ゴト展」を開催することで、産地とここを訪れる人を繋げ、作り手の思いを紡いでいきます。そのなかで、東京の中心にありながらも、期間限定の”魅惑の産地”へと七変化し続け、産地の職人たちの窓口として、産地をまるごと伝える「産地ゴト展」を開催しています。私たちをとりまく衣食住の環境には、まだまだ知られていない逸品や、伝えられていない職人さんたちの技術が、たくさん眠っています。私たちは産地のコンシェルジュとして、それらを生み出す「産地」。ここに「訪れる人々」を繋げ、地場産業の継続、発展を目的とし、思いを紡いでいきます。土地と人、次の時代へと繋ぐデザイン、そして作り手の想いと技を体感できる「産地ゴト展」に訪れてみませんか?

> コトモノミチについて
> 運営会社(セメントプロデュースデザイン)について