職人BAR開催のお知らせ  〜錺金具職人 竹内直希〜

 

【残り席あとわずかとなりました!】

 

モノづくりに携わる職人が、一夜限りのバーテンダーとなってもてなす「職人BAR」。
モノづくりの裏側、産地の話や歴史など、普段は聞けない話をアテにお酒を楽しみませんか?

 

墨田に移転して初開催となる「職人BAR」です。
今回のゲストバーテンダーは、京都の錺金具職人・竹内直希氏。
ご実家は京都・伏見にて50年以上仏壇仏具や寺社仏閣に使われる錺金具の製造や修復などを手がけておられる会社です。
2代目となる竹内さんは職人として従事する傍ら、錺金具の技術を活かして現代の生活に溶け込む商品の開発にも日々取り組んでおられます。
その中のひとつ、京都精華大学の学生の産学連携により生まれた夏の風物詩である蚊やり「KUYURI」が先日発売スタートいたしました。
それらも当日は店頭に並びますので、お楽しみに。
美しい錺金具の数々、その錺金具を生み出す道具なども実際に見せていただきながら、夏の夜のひとときをお楽しみくださいませ。

 

職人BAR 〜錺金具職人 竹内直希〜
日時:2019年7月18日(木)18:30〜20:30
バーテンダー:竹内 直希氏(京都・株式会社竹内)
参加費:2500円(税込)(1ドリンク&漁師のおやつ付き)
    ※2杯目からはキャッシュオン
定員:20名(予約制)
お申し込み先:
お名前
メールアドレス
TEL
ご質問等あればご記入ください。

問い合わせ先:コトモノミチ at TOKYO(担当:高橋)
TEL:03-6427-6648

 

<バーテンダープロフィール>
株式会社竹内 竹内直希
1982年京都生まれ。大学卒業後、株式会社竹内に入り家業である錺(かざり)金具製作に従事する。
主に仏壇の装飾金具や寺院仏具、社寺金物の製作修復に取り組む。
近年金仏壇の需要減少に比例し、仏壇の装飾金具の需要も減っている。 その為、現在宗教用具の枠を越えて普段の生活に溶け込む錺(かざり)金具を実現に取り組む。
 
<KUYURI>

 


コトモノミチ at TOKYO とは

「コトモノミチ at TOKYO」は、セメントプロデュースデザインが、日本各地の悩んでいる町工場や工芸の職人たちと共に考えて、つくったコトやモノを伝えていく場所です。
セレクトショップでもなく、ライフスタイルを提案するお店でもなく、
産地や技術を超えた、職人たちが交わる場所として。
産地や技術を皆さんと学び、つながる場所として。
子供たちの子供たちへとつないでいける、産地と職人とデザインの関係を、皆さんと共に考えて、つくっていきたいと思っています。

> コトモノミチについて
> 運営会社(セメントプロデュースデザイン)について