金継ぎ体験ワークショップ

漆の今

〜丹波漆の里、福知山 夜久野からみる”Japan”〜

“丹波漆”という言葉をどのくらいの方がご存知なのでしょうか。

私は兵庫県に育ち、京都で学生時代を過ごしたにも関わらず、

今回のお話が上がるまで耳にすることなく過ごして参りました。

 

この度コトモノミチat TOKYOでは、丹波漆の製品の新作発表を兼ねた企画展を行います。

少しでも産地の”今”を、漆の”今”を体感して頂きたいと思っております。

そして、それに伴い「蒔絵」と「金継ぎ」という、”漆”を体感していただけるワークショップを開催致します。

 

【丹波漆 金継ぎワークショップ】

フチがほんの少し欠けてしまったけれど捨てられない、けど使い続けたい。そんな器はお手元にありませんか?

「金継ぎ」は漆を使って接着したり、欠けたり、ヒビ割れた部分を補完した後に金の装飾を施す、日本独自の器の修繕方法です。

金継ぎを施した器はそれまでと違った趣を持つ器に生まれ変わり、またお使いいただくことができます。

今回のワークショップでは、その過程の一部をお客様ご自身で体験していただき、仕上げは職人が工房にて行い、お届けさせていただきます。

 

欠けや割れの状態により、当日お客様に行って頂ける作業の範囲が変わってしまうかとは思いますが、

直したい大切な器をご自身でも少し手を加えていただき、最後は職人に任せることができるため、

満足の仕上がりとより一層その器に愛着をお持ちいただけるワークショップとなっております。

是非、直したい大切な器をお持ちの方はご参加くださいませ。

 

【詳細】

金継ぎワークショップ

参加費:12,500円(税込)

 

【日程】

2/15(土)  2/16(日)

 

【会場】

”コトモノミチat TOKYO”

東京都墨田区業平4-7-1 1F

(東京メトロ 東京メトロ半蔵門線「押上(スカイツリー前)駅」B1出口より徒歩2分)

 

【開催時間】

①2/15(土)16:00~19:00

②2/16(日)16:00~19:00

 

【所要時間】

2時間~2時間半

 

【定員】

10名/各回

 

【参加費】

¥12,500(税込)

※60cm3サイズ以内は送料込みとなります。

それ以上のサイズにつきましては、別途当日ご案内させていただきます。

 

講師:漆の館 やくの木と漆の館

平岡氏 高島氏

 

【注意事項】

キャンセルの場合は3日前までご連絡ください。

当日のキャンセルはキャンセル料を頂戴いたします。

 

*割れの状態により、作業を行って頂ける工程が異なる場合がございます。

途中で終わってしまった場合にも、最後まで職人がお仕上げし、お届けいたします。

 

*全て、仕上げは職人の手で行います。

漆が硬化し、ご使用頂けるようになるまでにお時間が必要なため、ご返送は3ヶ月後となります。

 

【持ち物】

直したい器 1点 (釉薬、粘土共に欠け、割れ、ヒビのある器など)

 

注意事項:キャンセルの場合は3日前までにご連絡ください。

当日のキャンセルはキャンセル料を頂戴いたします。

お申し込み先

お問い合わせ:コトモノミチat TOKYO 担当/高橋・金本
Tel/03-6427-6648  Mail/store@cementdesign.com