羊毛でつくるアクセサリーのワークショップを開催します!

「羊毛でアクセサリーづくり」

今回1/27(土)と1/28(日)の2日間、羊毛作家の長谷川真紀さん(けだま製作所)による羊毛で作るアクセサリーのワークショップを開催いたします。

近年、羊毛フェルトで作る動物モチーフなどが流行っていますが、長谷川さんは羊毛をフェルトにはせずふわふわの羊毛そのままから、柔らかい素材感を大切にし、温もりを感じてもらえるような小物作りをされていらっしゃいます。長谷川さんの作品は素材からだけではなく、色合いやデザインからもほっこりするものが多くこの時期にはぴったりです。

今回は長谷川さんが普段のワークショップでは行なっていない、羊毛のピアスと羊毛のピンブローチを特別にお作りいただけます。当日、ピアスかピンブローチかどちらか1点をお選びください。そして、色とデザインもいくつかご用意させていただきますので、お好きなものを選んでお作りいただきます。本物の羊毛から作り上げていくので、とても貴重な体験です。お茶菓子もご用意させて頂きますので、あたたかい店内でほっこりとしたお時間を過ごしてみませんか。

ワークショップのお申込みは先着順ですので、お早めにお申し込みくださいませ。

 

開催概要
【日時】2018年1月27日(土)、28(日)
①13:00〜 ②14:00〜 ③15:00〜 ④16:00〜
【定員】各時間定員2名(1日8名)
【場所】coto mono michi at TOKYO
東京都港区南青山5-2-16 青山フレックスA
【所要時間】2時間弱
【参加費】 3,500円(税込)
【講師】長谷川真紀氏
1982年東京都生まれ。多摩美術大学絵画科卒業。大学在学中に羊毛という素材を知り、その暖かみや奥深さに魅了され主にアクセサリーなどの小物をつくりはじめる。羊毛の柔らかさをそのまま生かし素材感や雰囲気を大切にしたものづくりを目指し、2013年より本格的に活動を始める。けだま製作所 https://www.kedamaseisakujo.com
【申込先】下記フォームまたは03-6427-6648までお電話ください


コトモノミチ at TOKYO とは

地場産業の継続・発展を目指し、産地をまるごと伝える場所「産地ゴト Gallery」です。ここでは定期的に「産地ゴト展」を開催することで、産地とここを訪れる人を繋げ、作り手の思いを紡いでいきます。そのなかで、東京の中心にありながらも、期間限定の”魅惑の産地”へと七変化し続け、産地の職人たちの窓口として、産地をまるごと伝える「産地ゴト展」を開催しています。私たちをとりまく衣食住の環境には、まだまだ知られていない逸品や、伝えられていない職人さんたちの技術が、たくさん眠っています。私たちは産地のコンシェルジュとして、それらを生み出す「産地」。ここに「訪れる人々」を繋げ、地場産業の継続、発展を目的とし、思いを紡いでいきます。土地と人、次の時代へと繋ぐデザイン、そして作り手の想いと技を体感できる「産地ゴト展」に訪れてみませんか?

> コトモノミチについて
> 運営会社(セメントプロデュースデザイン)について